自動車保険の専門用語について

自動車保険の専門用語について

自動車保険の専門用語のひとつに、等級制度があります。この等級というのは、事故を起こして保険を使った履歴を数字を使って示すものです。
等級の数字は、通常1から20です。初めて自動車保険に契約する時には、6等級が適用となります。そしてその契約期間に事故を起こして保険を使うことがなかったら、次の契約期間では7等級が適用となって保険料は前の年よりも割引されます。
こうして無事故で自動車保険の更新を続けていくことで、8等級、9等級と等級が進んで保険料に対して適用される割引率は年々高くなっていきます。
つまり、無事故で継続を続けることで契約のリスクが低いと識別されて保険料が安くなるのが自動車保険の等級の仕組みです。

 

逆に事故を起こして保険を使うと、翌年の等級は小さい数字に戻って保険料には割増率が適用となって高くなります。
事故で保険を使った時に等級がいくつ戻って保険料の割増率がどのくらいになるかは、事故の内容によります。
対人・対物の相手のある事故、自損での車両保険適用などでは3等級ダウン、盗難や自然災害で車両保険を使ったケースでは1等級ダウンするのが一般的です。
また、弁護士費用特約や搭乗者傷害特約など、特約部分のみの適用では等級の異動や保険料がアップしないケースもありこのような事例はノーカウント事故と呼ばれています。

 

▲▲アクサダイレクト評判 TOPページへ戻る▲▲

自動車保険の専門用語について関連ページ

自動車保険で支払われた高額保険金の例
自動車保険で万が一事故にあった時に自動車保険で支払われた高額保険金の例を紹介します。
自動車保険加入時に必要な物
自動車保険に加入するときに必要になる物についてを解説しています。
自動車保険料の支払い方法について
自動車保険の保険料の支払いする時はどのようにすればいいのでしょうか?その方法についてご紹介していきます
自動車保険の任意保険の必要性
自動車保険の任意保険は今ではほとんどの方が加入しているのが当たり前になっています。その必要性についてご紹介していきます。
自動車保険の特約はしっかりチェックしよう
自動車保険の特約は自動車保険を契約するうえで大切な項目となります。そのチェック方法についてご紹介します。
 
自動車保険の選び方 ダイレクト型自動車保険特徴比較 自動車保険の基礎知識1 自動車保険の基礎知識2